« Onstepドライバともろもろのテスト | トップページ | PHD2のバッラッシュ測定が変 »

2018年10月 8日 (月)

その後の検証

ガイドレートが0.5になっていたのはどうやらOnStepのデフォルトを
変更できるようにしたときにAndrodアプリで0.5になったためのようです。
1.0×にすれば電源切っても保持されるようなので問題無し。
DECの異常な修正動作はPHD2のバックラッシュコンプの設定値が
大きな値が入っているためでした。およその値にしたら異常なモーター音は
しなくなりました。再度キャリブレーションとガイドアシスタンスを
走らせないといけません。
DECはきつくしているのでせいぜい平歯車一個分の時間として1000ms以下だと思うのですけど?
MT-1の内部のバックラッシュが大きいのか?ここは不明
前はガイドできていたのでちょっと変。
もうひとつわかったのはSCとAPTはなんだか相性が悪い。
単に重たいだけなのかPOTHには繋がりますが先にAPTが起動していると
SCは動かなくなりハングアップ。
現実にはあまり発生しませんがSCからガイド中にPOTHに
命令を出すと動作異常になります。
まああたり前ですが。

« Onstepドライバともろもろのテスト | トップページ | PHD2のバッラッシュ測定が変 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Onstepドライバともろもろのテスト | トップページ | PHD2のバッラッシュ測定が変 »

最近のコメント

無料ブログはココログ