« その後の検証 | トップページ | SharpCap3.2βのフォルダーカメラとPolar Alignment »

2018年10月11日 (木)

PHD2のバッラッシュ測定が変

先日のテストでキャリブレーションとガイドアシスタンスを行い
バックラッシュを測定させました。ところが得られた値は
5600msというものすごい数値
MT-1のバックラッシュが大きいとはいえこれほど大きくは
ないと思うのです。
ウオームのほうはほとんど隙間がないほどに詰めていますし
平歯車もあるといっても数十msと思います。
問題は35mmでガイドを試みたときの値が
残っていて数倍のバックラッシュが計算されたりしていないかは
疑問が残ります。
もう一度プロファイルを作り直して次回テストするつもりです。

« その後の検証 | トップページ | SharpCap3.2βのフォルダーカメラとPolar Alignment »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その後の検証 | トップページ | SharpCap3.2βのフォルダーカメラとPolar Alignment »

最近のコメント

無料ブログはココログ