« PHD2dev3リリース | トップページ | SharpCap3.2βのフォルダーカメラとDSLR_ASCOM »

2018年8月21日 (火)

Nikon&Canon ASCOM driver

Sharpcapのβバージョンが着々と進化しているようです。
加えてCNでDSLR用のASCOMドライバを書いている人がいて
SharpCapのRobinさんが注目いち早くSharpCapと整合性を取りました。
現在SharpCapの最新βとRobinさんが手を加えたSharpCap用ドライバーで
キャノンのカメラはSharpCapni取り込めるようになったようです。
残念ながら私のミラーレスでは赤外線シャッターとUSBの同事使用はできないようで
新機能を試せません。デジイチでしたらSharpcapからシャッターコントロールとISO
画像の取り込みができるようです。
これができるとDSLRでそのまま極軸合わせやplatesolveでのsyncも可能なのでは
ないでしょうか。ASCOMドライバーなので他のASCOMカメラを繋げる
ソフトでも有用かもしれません。APTやBYEはASCOM抜きにハックしているわけですが
sharpcapもそれらに追いつくのでしょうか
LIVEでは有用なのか動くのかは微妙みたいです。
別法でfolder cameraもありますが、私のはUSBを繋ぐとリモコンが使えないという
謎仕様でだめでした。
はやくデジイチ入手しなくては。

« PHD2dev3リリース | トップページ | SharpCap3.2βのフォルダーカメラとDSLR_ASCOM »

天文」カテゴリの記事

最近のコメント

無料ブログはココログ