« Onfocus利用電動三脚アジャスターの回路 | トップページ | Onstepで月撮影 »

2017年4月27日 (木)

EOS-Mでオフアキするには

いろいろオフアキする上で特にEOS-Mの場合は光路長が不足して
条件が定まらないことが課題のようです。
最初は凹レンズでもいれてオフアキ部だけ長焦点にすればいいのかと思いましたが
もしかしたらリレーレンズ形でやったほうが距離は稼げるかもしれません。
等価的に同じ焦点距離が短い凸レンズを2枚狭い距離で並べて主鏡の
焦点を第一レンズでコリメートし第二レンズで再結像する。
望遠鏡でコリメート撮影する要領です。
アイピースが15mm二個なら30mm距離が伸びますけど
倍率は変わりません。ただミラーで方向が一回反転してリレーレンズで
反転したりするのはガイドには影響しないのかな?
キャリブレーションできれば裏返っても大丈夫か。
レンズの大きさはミラーの口径×1.5倍くらい(主鏡の焦点距離依存性あり)
プローゼルアイピースなら元々そういうレンズなので1個で等倍結像になりますね
アイピースの表示15mmmmとかなら30mmくらいのところに
像ができるはず。

« Onfocus利用電動三脚アジャスターの回路 | トップページ | Onstepで月撮影 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おっ、うまくいきそうですね。
光学系をもう少し検討すればいいとこいくかもしれませんね。
15mmプルーセルアイピース一個で等倍コリメートできましたから
もう少し短焦点のアイピースで試したらどうでしょうか?
ガイド系の焦点距離は長くてもガイドできなくはないですが
狭い視野でさらに狭くなるのでガイド星が見つけにくいかもしれません。
縮小コリメートまでいければ具合いいかもしれません。

南風さん。
ありがとうございます。
あーだこーだ繋ぎ合わせて出来ました(0.5倍レデューサー1個+セレストロンプローセル40mmをひっくり返して付けて、ASIモノクロで合焦しました。)ヘリコイドも付けたので調節も可能です。
ただおそらくひとつ問題がでました。ガイドカメラの映像がかなり望遠です。200mmのレンズに対して、ガイダーは500mm位のレンズがついているような感じです。シビアなガイドになる? (500mmのレンズつけたら1000mm超のガイドカメラ!)。これって問題ですよね。
あとは、クローズアップレンズを更にはさむ?
いずれにしろ私、オートガイド初心者なのでそちらが出来るようになるのが先のようです。

ぴっぴさんこんばんわ。
そうですね~、なかなかお金使いにくい場面です。
例えばアメリカンサイズのアイピースで10mmと15mmのもので
見口のラバーなど外してオフアキに突っ込めば
実験的にやれるのではないでしょうか?
アイピースの奥行きはボール紙かなんかで筒を作って
調整して撮像してみるとか。
私はオフアキパーツがないので詳細な実験ができないので
なんとも。
もしさらに長くしないといけない場合は1.25延長スリーブなどは
見つかるのではないでしょうか?

南風さん。
なるほどいいお考えですね。理論的で凄いです!
私の実験のケースでは0.5倍レデューサー×2個+セレストロンプローセル40mmアイピースで結像しています(アイピースの差し込み口は外す必要がありました)。
ただし、TマウントorCマウントへの接続部品がない為屋外テストが出来ておりません。私が繋ぎたいガイドカメラはASI120MMです。
うまくいく保証がない為外注も出来ていませんが、うまくいくものを誰か作ってくれないものかと、、、。
EF-EOSMのレデューサーは自作しましたが、EF-EOSMのオフアキは難度が高いですf(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602227/65205671

この記事へのトラックバック一覧です: EOS-Mでオフアキするには:

« Onfocus利用電動三脚アジャスターの回路 | トップページ | Onstepで月撮影 »