« Onstepスケッチその後 | トップページ | AR0130カメラがAndroidで動いた »

2017年2月21日 (火)

レンズヒーターの検討

昨年末いつもより標高の高い場所へ撮影にいったときに
3時間ほどでレンズが凍り付く惨事に遭いました。
そこで細々と検討してきたのですが。調べていて
考えたのは次のところ

レンズの鏡筒で黒い塗装や黒アルマイトされた
部分は放射率が大きい。(放射冷却しやすい)

そもそもレンズヒーターとレンズの接触が甘いと
熱が伝わりにくいのであたたまらない。

この基本を改善する必要があります。
2項目はヒーターの接触面をカプトンテープだけに
することにしましたが、1項目がなんとかならないか
考えていました。
ひとつは断熱性を持たせること。
もうひとつは放射率の低いもので熱を逆に反射するもの。
百均をうろついていたらありました。
発泡ポリエチレンにアルミをコートしたお風呂用断熱シート。
これをレンズに巻いて実験してみました。
結果は下図の通り。
Lensheater

Img_4674

断熱材をまかない場合気温15度でヒーターでは20度ほどでサチレートし
巻くとそこから3.5度ほど上昇し保温の効果があります。
これで10Ω5Vのニクロム線でもなんとかなりそうです。

« Onstepスケッチその後 | トップページ | AR0130カメラがAndroidで動いた »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602227/64921737

この記事へのトラックバック一覧です: レンズヒーターの検討:

« Onstepスケッチその後 | トップページ | AR0130カメラがAndroidで動いた »