« スカイメモNSの剛性 | トップページ | コメントの受付方法 »

2016年6月 5日 (日)

スカイメモNS搭載方法のへ変更

いままでは極軸調整の容易さからガイドパック三脚にいったんXY微動台を載せてからスカイメモNSを
取付けていました。数回使用してみて、100mm程度のレンズでガイドするには問題なかったのですが
300mmをやろうとすると重量が約10kgを越えるようになり
たわみと振動が出るようになりました。
ごくわずかですが微動台のL字部が10kgで0,03mmほどたわむのが
シミュレーションで判明。とりあえず微動台をやめて直接三脚に載せることに。
そうなるとどうしても水平微動が必要になります。
それで画像のような小改造。
取付けベース(円柱)の横にタップを立てて、M6のシャフトを取付け
三脚にはホムセン鉄コの字アングルを加工して
微動機構としました。ローレットネジはモノタロウから購入
しめて1000円ちょっとの出費。
上下微動は北側の足の下に上下微動の蝶番を使います。
これで300mmでも大丈夫でしょう。
P_20160605_164945

« スカイメモNSの剛性 | トップページ | コメントの受付方法 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602227/63735156

この記事へのトラックバック一覧です: スカイメモNS搭載方法のへ変更:

« スカイメモNSの剛性 | トップページ | コメントの受付方法 »