« DD-1コントローラオートガイド改造 | トップページ | スカイメモNS搭載方法のへ変更 »

2016年4月27日 (水)

スカイメモNSの剛性

スカイメモNSはベアリングは大口径テーパーローラー、シャフトは鋼鉄、ウオームホイールは砲金、ウオームネジは焼入鋼を使っています。ここまでのオーバースペックとも言えるポタ赤は見かけません。
シャフト径はSXPと同じくらいかもしれません。GPDより剛性あります。。
しかし、アルミ合金(砂型?)は底面は十分な強度ありますが、トップの繋ぎが細くすこし
強度が底面より小さくなっています。ベアリング締付けによる圧縮応力は問題ないですが
ねじり剛性が少し足らない。
これが改善できればとんでもない重量乗せられます。
どうしようかなぁ。ハウジングワンオフは高いなぁ。
一番は底面が1/4UNC一本というのが最大の欠点なのですけれども。w

« DD-1コントローラオートガイド改造 | トップページ | スカイメモNS搭載方法のへ変更 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602227/63546050

この記事へのトラックバック一覧です: スカイメモNSの剛性:

« DD-1コントローラオートガイド改造 | トップページ | スカイメモNS搭載方法のへ変更 »