« フラット撮影用積分球 | トップページ | ベビコンのエア漏れ »

2016年2月 2日 (火)

Qcam4000にkowa75mmをつけてみる。

前回Qcam4000にファインダーの即席ガイド鏡をつけてQHYと比較しました。
今回はコーワの75mmを試す機会が得られたので、75mmでどうなのかやってみました。
まず撮影した領域はおおいぬ座のχのちょっと南側です。
Qcamseizu_3

Wの字のようなところに注目します。
このWはおおよそ5~7.4等級です。
Qcam4000ではこのように写ります。
Kowaqcam3

3秒露出で使えるのは6等くらいでしょうか。
やはり7等くらいまでが限度ですが、前回より見えないのは
焦点距離の影響かもしれません。
一方QHYはこんな感じです。
Kowaqhy

75mmでも画素が小さいためか画面はなめらか。
写る等級は130mmと変化ありません。10等が写っています。
Qcam4000は長めの焦点距離で収差の
小さいガイド鏡が良いのかもしれません。
QHY→75mm
Qcam4000→130mm
こんな印象を持ちました。
ガイドに使うなら4等から6等くらいかなぁ。
PHD2のおいしいところはそのくらいです。
収差の小さい長玉がほしくなりました。

« フラット撮影用積分球 | トップページ | ベビコンのエア漏れ »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602227/63157429

この記事へのトラックバック一覧です: Qcam4000にkowa75mmをつけてみる。:

« フラット撮影用積分球 | トップページ | ベビコンのエア漏れ »