« EOS-M用リモコン設置アーム | トップページ | バーティノフマスクの光学的な意味 »

2016年1月20日 (水)

ポタ赤用バランスウエイト自作

バランスウエイトって赤道儀に必須ですが
買うと以外と高いですよね。
1kgもので3000円とか。
スカイメモNSはプレートの横にM12(並み目)のネジ穴があります。
まずシャフトはM12のずん切りシャフトに決まりました。
ウエイトをどうするか悩んでいました。
ホムセンをぶらつくと建材コーナーに
角座金が10枚で198円のがありました。
20個でおおよそ1200g。ちょうどいいですね。
早速仕立てました。
3個に分けてダイソーの裏糊付クッションテープで纏めて
できあがり。
20160120_161907

20160120_162756

ずん切りシャフト:140円
ナット:120円
角座金:196円
合計456円

ペットボトルアダプタとか買う必要ないです。
元々ポタ赤はマス(質量)は極軸近くに設置して
シャフトの長い先にウエイトを置くべきではありません。
シャフトが長くなるほど振動モードが低周波にシフトするので
いつまでも振動が収まらなくなります。
よく見るとガイドした星が肥大するはずです。

« EOS-M用リモコン設置アーム | トップページ | バーティノフマスクの光学的な意味 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602227/63094722

この記事へのトラックバック一覧です: ポタ赤用バランスウエイト自作:

« EOS-M用リモコン設置アーム | トップページ | バーティノフマスクの光学的な意味 »