« バーティノフマスクの光学的な意味 | トップページ | スカイメモNSのPEが劇的に改善 »

2016年1月23日 (土)

オールドニッコール135mmでバーティノフ

古いニッコールAi135mmF3.5とEOS-Mでバーティノフマスクでピントが出せるか
やってみました。
結果的にはマスクの線幅を1.5mmくらいのバーティノフマスクにすると
可能でした。
Img_4251
問題はオールドニッコール135mmはピントぴったりだと
赤ハロが出ることで、それをなくすためにややピンぼけが必要だった
ことです。APOレンズほしいなぁ。
マスクの幅が1mmではあまり明確な回折が起きないみたいで
少し幅は広めでいくのがよさそうです。今度は2mmでやってみましょう。

« バーティノフマスクの光学的な意味 | トップページ | スカイメモNSのPEが劇的に改善 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602227/63104667

この記事へのトラックバック一覧です: オールドニッコール135mmでバーティノフ:

« バーティノフマスクの光学的な意味 | トップページ | スカイメモNSのPEが劇的に改善 »